高学歴フリーターも多い!?男性求人の魅力的な内容とは?

SITEMAP

青い目の男性

おすすめの情報

求人の「経験不問」などのニュアンスの違い

黄色い服の男性

男性求人票によくある表現に、「経験不問」「未経験可」「未経験者歓迎」があります。自分が未経験でその求人に応募しようと思ったとき、「3つの表現のちがいがわからない。文字通りの意味に受け取っていいの?」と首をかしげる人も少なくないでしょう。この3つの表現に明確な定義や決定的な違いはありませんが、ニュアンスはやや違うと考えられます。
「未経験者歓迎」という表現を用いる場合、「とにかく人がほしい。応募者の数を増やしたいから、経験のない人もどうぞ応募してください」というニュアンスが含まれているケースが少なくありません。
「経験不問」というのは、「誰にでもできる仕事ですから、経験のありなしにはこだわりません」というニュアンスを持つケースが多くなります。単純な仕事だけれど、かなりハードというケースもありますので、仕事内容をしっかりチェックしましょう。
「未経験者可」という場合は、「できれば経験のある人を希望しますが、未経験者はNGというわけではありません」という含意を持つことが少なくありません。この場合、「未経験者歓迎」のケースよりは、未経験者が採用される可能性は低くなると考えていいでしょう。未経験でも人材として魅力的と感じられれば、採用することもある、という意味を含んでいるケースが多いのです。

ピックアップ

TOP